スポーツ 野球 サッカー スニーカー

子供と私と野球~少年野球編③よくあるトラブルから・・・

更新日:

リトルリーグショルダーと診断されてから

1ヶ月以上のリハビリ期間を経て

痛みもなくなり、やっと投げれるようになりましたが

小学2年生には"投げてはいけない”と言う約束はとても難しかったと思います

何より大好きなピッチングを禁止されていましたので・・・

月日が流れて4年生になる頃には

同学年だけで9名となりました。ここ数年では

珍しかったそうです。部員が増えたことで

当然父兄の数も増えて、練習に参加していただけるようになりました

入部当初は練習の手伝いをするのは私を含めて

2人くらい(^_^;)でしたが、毎週4~5人は参加するようになりました

父兄の方々ともよい関係が築け、チームの雰囲気も

すごく良く、監督さんも「この代は6年生になったら

大会でまちがいなく優勝を狙える!」

と喜んでいました。    そんなある日・・・

父兄と監督さんに小さなトラブルが起こりました

父兄の言っている事も正しくて

監督さんの言ってる事も正しくて

ささいな事ではありましたが、とても難しい問題へと

発展してしまいました。子供が入部した当初は

部員も少なく楽しみながら野球をしていましたが

部員が増えていくに連れて、少しずつ

”勝つ”ための練習に変わってしまったのかもしれません

入部当初の雰囲気を気に入っていたご父兄は

1人、また1人と子供と共に辞めていってしまいました

そんなある日、監督さんが試合当日にこれなくなり

急遽、私が監督をする事になりました

その時は仕方なくつとめさせていただきましたが

そもそも野球の経験のない私には

監督をするには無理があり、ルールもよく分からず、子供達に正しい指導も

出来ずに、数試合を勤めました。

その頃には練習に参加される父兄もほとんどいなくなり

監督さんも忙しく、このままでは子供達のためにも、チームのためにもならないと

判断して、仕方なくチームを去る事にしました

息子はチームが好きでしたので、離れるのがつらかったと思いますが

きちんと理由を説明して、納得してもらいました

チームを辞めて数日が過ぎましたが

息子の野球熱は少しも冷めていませんでしたので

別の地区の野球チームを息子と見学に行きました

そこで運命?のチームと出会いました・・・

-スポーツ 野球 サッカー スニーカー

Copyright© ぽぷまるブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.