錦鯉 金魚 魚 釣り

海釣りとヌシと私 ①

更新日:

小さい頃から良く父親に海釣りにつれてってもらいました

当時の実家から海までは車で15分ほどでしたので

日曜日に行くのが楽しみでした、ですがいつも行く近くの釣り場は

防波堤の工事などもあり、年々釣れなくなりました

そんなある日、いつものように父親といっしょに

いつもの近所の釣り場に行きました

アウトドア&フィッシング ナチュラム

釣り餌はいつも青イソメかジャリメと小さなな餌を使っていました

その釣り場は小さいサイズの魚しか釣れませんでしたので(^_^;)

大きい餌は必要ありませんでした

いつも通り?あまり釣れずすこし飽きてきたときでした

10cmくらいのハゼの仲間みたいな(ダボハゼ?)のが釣れました

いつもならそのまま海へ逃がしていましたが、その日はなぜか

逃がさずにバケツに入れていました

食いついてから釣り上げるまで早かったからかバケツで元気に泳いでいました

そしてまた釣れないままいた時に、ふと先ほど釣れた小さなハゼを

餌にして釣り出しました、そこは防波堤で足下でも水深8mくらいはあったと思います

竿の長さは1.2mくらいの子ども用で仕掛けはブラクリと言うおもりの先に針が付いている

岩場などで活躍する道具でした、そのハゼの背中に針を通して

そのまま端(へち)にたらして置きました

そして別の竿の糸を巻いてるときにハゼを餌にしていた竿が

すごい勢いで引いているのに気づきました!



それを見たとき竿の曲がり具合でかなりの大物だと思いました

仕掛けがブラクリだったため、迷わずに巻き上げました

いままでに感じたことのない引きで、隣で釣りをしていた方々も

私に大物がヒットしているのが分かり、大きいたも網を持ってきてくれました

そして魚が少しずつ見えてきた時でした

なんとかなりでかい魚が1匹の餌ハゼに2匹食いついていました!

1匹はしっかりと針がかりしていましたが、もう1匹は

しっぽの方に食いついていたらしく、水面まで来てそのまま海に潜って行きました

しかしもう1匹はしっかり針にかかっていましたが

1.5mの子ども用の細い竿で魚を上げることが出来ないと思いましたが

隣の優しい釣り人がたも網で素早く確保?してくれました(^O^)

釣り上げた魚は”アイナメ”と言う魚で、大きさはぴったり40cmでした

いままでに釣り上げた中で一番大きく嬉しくてしょうがありませんでした

家に帰って父親が「せっかくだから魚拓をとろう!」とすすめてくれて

和紙を買って魚拓をとりました(^O^)




釣ったアイナメはその日に天ぷらと刺身にして

美味しくいただきました

 

今思い出せば、その時のアイナメは間違いなくその釣り場の”ヌシ”だったのではないかと思います。それ以来は地元のあまり釣れない釣り場にもたも網を持って行くようにしました

今思えば仕掛けがブラクリでなければ多分釣り上げることが出来なかったと思います

その頃は0.8mmや1.0mmのウミタナゴ用の細い糸を良く使っていました

 

釣りはどんな魚が釣れるか分かりません。それが楽しいのですかね・・・

 

私が子どもの頃にはほとんど知られていませんでしたが

今ではライフジャケットを着て釣りをされる方も増えてきましたね

万が一に備えて、楽しんでくださいませー(^O^)

 

アウトドア&フィッシング ナチュラム

 

楽天市場

-錦鯉 金魚 魚 釣り

Copyright© ぽぷまるブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.